So-net無料ブログ作成
検索選択

オペラ

「セヴィリアの理髪師」の公演でした。

2週間で作曲されたというスピード感が
作品に表れています。

シュツットガルトに行った際に観た
軽やかで見事な演奏が印象的だったので
一度は弾いてみたく
楽しみにしていた仕事でした。


写真を見て頂いて わかるでしょうか?
(暗いかもしれません…)
指揮台にチェンバロが置かれています。

マエストロ園田さんが
指揮をしながら レチタティーヴォの通奏低音も担当する弾き振り
職人技が光っていましたよ。


image-20160709101649.png

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。